目指せ利回り10パーセント!収益物件を見極める秘訣があります!

目指せ利回り10パーセント!収益物件を見極める秘訣があります!

収益物件のデメリット

デメリットはリスクとして考慮する

収益物件は必ずしも利益を伴うものではありません、利益となるメリットが大きい分それに反比例するようにデメリットも大きく反作用することになるのは、あえて言うほどのことでもないでしょう。しかし収益物件におけるデメリットというものは、そのような生易しい言葉で表現できるほど胸中穏やかな展開を招きよせているわけではないということを考慮する必要があります。そこかしこで、収益物件におけるデメリットはむしろリスク、その身を滅ぼしかねない事態になりかねないということも平気で発生することを考えると、やはり慎重に戦略を練る必要があります。

不動産投資というものは時代の流れに大きく左右されることになる物件であるため、常に業界の最新情報を収集するということ、その情報を元にして今ある物件が今後自分たちにどのようなものをもたらしてしまうのかということを考慮しなければなりません。かえってそういった点をキチンと見通すだけの計画性を立てることが出来れば事前に危機回避することができる、ということもあるので細心の注意を払うということをしなければなりません。

遊びではないということ、副業とはいえ手を抜いているととんでもないことになりかねないとなっているのでそういった点について、ここでは考察をして行くことにしましょう。ここで挙げられている点に関しては収益物件という点において、全般的に言えることになるので改めて考えなければならないことだということをはっきりと、再認識するつもりで紹介していきましょう。

空室というリスク

不動産経営を行っている人にとって最大の悩みの種、それはマンションやアパートなどに空室が出来てしまうということです。単純な話、こういうマンション経営などの話において人が入ってこその物件となるわけです。収益物件という視点で考えても、空き部屋の数が多ければ多いほど想定していた家賃収入が減る事は当然のことです。満室の状態でローンを組んで、さらに管理費や光熱費や修繕費に税金などの返済に関しては、通常マンションが全室埋まった状態を想定して経営を考えていることだと思います。

空室なんて作りたくない、そう考えている人が大半でしょう。しかしそう考えたところで部屋の住居人が来るという保証がない以上、どうしてもそういった事態も含めてローンなどを考慮しなければならないでしょう。物件といっても色々と入居希望の人が求めている条件に適しているか、先住している人達、または近隣住民などの住環境は問題ないかなど、トラブルを抱えたくないことを考慮すると、中々条件に見合うところが見つからないというのも、案外多いと思います。

マンション経営の視点から考えても由々しき問題ですが、それ以上に住居希望している人にとってもその物件が自分達の理想に適しているのかを見極めなくてはならないことを考えると、やはり何かしらの駆け引きが行なわれることになってしまうのかもしれませんね。

収入源が途絶えてしまう問題

こちらも御なじみなマンションやアパート問題に関係していることですが、住人の家賃未払い問題という問題は所有者からしても一大事です。もし未払いが一件でも発生しようものなら連帯保証人に連絡する、督促をする、最悪裁判にまで発展するなど、大きな負担を強いられることになることもありえるからです。この上なく面倒な問題ですが、頻繁に起こっている事を考えると、何処となく受け入れなくてはいけない問題なのかもしれません。

こうした手間を取ることを快感に思う人はいないでしょう、人を虐めることに対して絶え間ない愉悦感を覚えるという人にとっては、もしかしたらたまらないシチュエーションなのかも知れませんが、通常は穏便に事を進めたいと考えているはずです。

こうした問題が発生した際には対策を講じる必要がありますが、貸し出す際にキチンと払っていけるかどうかということを見極めることも、やはり所有者としての責任を果たさなければならないでしょう。

建物が老朽化している点

これも必然と時間の経過があればどうしても考えなければならない問題としては、建物の老化という問題ですね。老朽化してしまうとどうしても何かと問題が生じることも多くあります、そしてこの問題の最大の焦点になるのは、『老朽化している建物としての条件がキチンと適切かどうか』ということです。建物として隙間風も多く、正直あまり住みたくない環境だったとしても家賃が相場よりも大幅に安く、そして立地条件が悪くないなら逆にそのことを飲み込んで入居を希望する人もいます。要は、古くても立地条件が良いということに託けてぼったくりのような真似をしていなければ、需要としては見込めるだけの可能性はあるのです。

とは言っても人間誰しも新品というブランドを好むものです、中古でも新品みたいに綺麗であればということが前提でなければ物件はまず入居する人はいないでしょう。やはりそういった建物の修繕というものを常日頃から定期的に行っていく事、これが肝心なことでしょう。この点を一つ気をつけているだけでやはり入居者にとっては優良物件と見なして長く居住してくれる事にもなります。自分の持ち物だけど他人が住んでいるからいいやという考えではなく、住んでいる人にとっても自分にとっても最高の物件として追求していけば、収益物件としての価値は更に高くなる人気物件として昇華することになるでしょう。

収益10%以上の物件について

マンションなどが満室の状態である状態を収益物件という視点では『表面利回り』と呼んでいますが、投資家としてはやはり利回りという点で潜在的に高い可能性を秘めている物件を求めたくなるでしょう。そういった物件のことを『高利回り物件』と呼んでいますが、その高利回りの基準としてはやはり10%以上となるところを指しています。もちろん収益物件を目的として不動産投資をする人にとっては、それだけの可能性を秘めている物件を欲したくなると思います。

ただそうした高利回り物件はきちんと見定められるような点で物事を見定めないといけません、特に注意しなければならない点としては謳い文句として掲げられている条件が、本当かどうかというのを見極めなくてはなりません。いくら利回り10%以上と謳っていても、そうした物件はもしかしたら何かと難癖のある物件で、早く売りたいがために入居条件を甘くする、特典をつけるなどとずさんな管理を行っている可能性が高いので、そうした情報に惑わされないようにするのも投資家としては必要な技量となるのです。

収益物件を手に入れるとなったらどうしても欲望が先行しがちになると思いますが、そうした感情に流動されないように冷静に判断できるような状況判断能力が求められます。自分一人では不安な人なら、信頼できる人に相談してどうするか、方針を決めるのも悪くはないでしょう。収益物件は自分が得をするために投資をするもの、コレを忘れないようにしましょう。

収益物件の基礎知識 運営も楽じゃない 収益物件のメリット 収益物件のデメリット 収益物件とリフォーム
賢いリフォームのコツ 空室をつくらないために 福岡市で収益物件を探してみよう 満室を求めるなら学生街の物件 天神付近の人気の場所